LOG IN

毒を出す朝のルーティーン10こ〜家事・食事編〜

by Emi K

私は家事が苦手です。

掃き掃除と、拭き掃除と、料理と、洗濯を干すのは好きなんですけれど…

食器洗いと、片付けと洗濯を畳むのは苦手。

なので、部屋は食器が気を抜けば後回し、

洗濯を気持ちよく干しまくって、畳むときにガーンとなる始末。

結婚して10年経った今も、思った以上に家事が上達してなくて、愕然とすることがあります。

でも、毎日の活動の準備でもあり、お手伝いさんを雇わない限りなくならない家事。

なんとか楽に心地よくなりたい。そんな気持ちで、日々奮闘しております。

なんとか気持ちよく風通しのよいお部屋で、ときめくものに囲まれて生活し、身も心も部屋も気持ちよくいたいものです。

そこで、今日は自分の背中を押すためにも、

毎朝やりたい楽ちんアーユルヴェーダ的毒だし

朝の過ごし方をご紹介します。

ちなみに、インドの伝統医学アーユルヴェーダでは、日の出前からがお日さまパワーがさんさんと降り注ぐゴールデンタイム。この時間は浄化の時間とされ、朝トレーニングやお掃除をする、ということを強く勧めています。

日本のお寺も同じですね。

朝の浄化のチカラを借りて、1日を気持ちよく始める。そんな「朝の毒だしルーティン」をまとめてみました。

わたしの朝の毒だしルーティン10こ

  1. 朝起きたら、まずトイレへ。

    携帯を見たりテレビを見る前に「出す」ことを意識する。アーユルヴェーダでは便秘は病気とされる。朝一で入ることで排泄がだんだんと習慣づいていく。

  2. 歯磨き時に舌をチェック+舌掃除

    自分の胃腸の調子や、昨晩のご飯の消化具合を見ることができる。舌に白や緑の苔があれば、消化が良くなかった印。舌のフチがギザギザしていたら、あの調子が良くない印。舌をスプーンで優しく奥から先へ掃除する。(スクレイパーという専用のものもあり。ブラシは汚れを入れ込んでしまうので×)

    肌は内臓の鏡と言われるように、内臓がイマイチだと、肌もくすむ。内臓の調子はいつも気にかけておきたいところ。口臭予防にもよい。

  3. 白湯を沸かす

    白湯は胃腸を温め、デトックス効果がある。お通じが不規則の方はぜひやってみてほしい。

    やかんに水を入れて、沸いたら弱火で5〜10分煮立たせる。

    半分になるくらいまで煮立たせてok。

    寝ている間にタンパク質と水分がたくさん消費されるので、コップ1〜2杯(お腹の大きさによる)体が求めるだけすする。レモンを絞っても美味しい。

    いわ

  4. 家族の朝食

    朝は消火がゆるやかで弱い。夫がご飯を食べる時は朝食を作る。基本は和食。

    アーユルヴェーダ的には作り立てがその食べ物のエネルギー、活力素を含むと考えられるので、なるべく作り置きをしない。

    以前は朝つくっていたが、最近は朝早く出ていくので、ご飯をジャーで予約し、お味噌を作っておき、納豆で食べて出ていく。

    注意: 朝は消火がゆるやかで弱い。朝からお腹ぐーぐーな人はしっかり食べても大丈夫だが、あまり食べたくないという人は、スープやお味噌汁をお勧めします。納豆は毎日だと消化が滞ることがあるので、時々。

    簡単で美味しいけれどパンはイーストと精製小麦で腸でガスを発生させたり、グルテンで腸にくっついて毒素となりやすい。

    (グルテンに関しては、本 ジョコビッチの生まれ変わる食事 もオススメ)

    【乳製品とフルーツは食べ合わせが悪い。】ヨーグルトは胃腸を冷やし、消化を悪くしてしまうので朝にはNG。

    もしお腹の具合がイマイチな方は、試しに2週間抜いてみて下さい。特に鼻水が出やすい人はバナナヨーグルトは厳禁。

    どうしてもヨーグルトが食べたい時は、少しぬるいお湯を入れたりして単品で食べる。(ただし夏、昼間がよい)

  5. 掃く

    フローリングをほうきで掃く。掃除機が壊れてほうきを使い出したらこれが気持ちいい。静かに掃除できるので、気持ちまで整う感じ。窓を開け放ち朝の空気を入れ、ゴミは外へ掃き出すと室内の空気がスッとする。

  6. ヨガをする

    朝一になんでもいいので今日を乗り切るパワーをチャージできると、一日が元気によいものになる。

    ヨガやメディテーション、ウォーキングやストレッチ、窓を開けて深呼吸などがおすすめ。

  7. シャワー

    皮膚は排泄器官。寝ている間にいらないものが皮膚から出ると考え、朝シャワーを浴びる。日本人的には朝風呂のスッキリなイメージがつきやすいかもしれない。終わったらざっとでも体と顔のスキンケアを。

  8. 片付ける

    掃除とは埃などをきれいにすること。片付けは物を整理整頓すること。食器や物をさっと片付けて風とおしを良くする。

  9. 朝一で回した洗濯物を干す

    忙しい朝に無理な方は夜。なるべく日の光を入れることで朝のエネルギーを取り入れる。

  10.  自分の食事。

     朝からあまり食べられない私は、白湯で胃腸をアイドリングさせて、温かなアーモンドミルクで割ったプロテインや、お味噌、スープをとる。

    お昼はなるべくしっかりとる。

今日のナチュラルケアは、上から一つ、気持ちよくできそうなものを選んでやってみてください。

楽しんで、心地よくがポイントなので、休日に少しずつやってみてくださいね!

〜今日のナチュラルケア〜

間食を意識的にしてみよう。

不安定な天気で、お腹も不安定な方も多いようです。

消化の力は火に例えられます。人にもよりますが、朝晩は弱火、昼は中〜強火。

胃腸の調子が悪い時=消化がいまいち

なときは、免疫力も比例して下がるとアーユルヴェーダでは言われます。

おいしいおやつや間食をなるべく避けたり、

とりたい場合はスパイスの入った飲み物や、フルーツを単品でとるのもオススメです!

夕方のおやつの時間は昼と夜の移ろうとき。

ほっと一息をぜひ美味しくて、体によいもので、ほっこりとおやつタイムしてみてください。

年末年始を応援するトリートメント。

12月、1月のご予約はこちら

12月の体を滋養する、アーユルヴェーダレシピはこちら

ボッドキャストはこちら

できるだけほぼ毎日。

午前11:30の更新です。

早朝にまとめたものを、フレッシュなうちにお届けします。

体と心を整える、自分に還るナチュラルケア

メルタサリ -プライベートスパ-

http://mertasari-bali.com

以前のブログはこちらから

OTHER SNAPS