LOG IN

笑い声と、パーマ液と、コーヒーの香り

by Emi K

女の人の笑い声と、パーマ液と、コーヒーの香り。

物心ついたときから、私は母にくっついて「美容院」に行っていた。

私たち子どもは裏の部屋で、

ゲームをしたり、お菓子をもらったりして、

それぞれのお母さんたちが仕事を終えるのを待っていた。

犬もいたり。猫もいたり。

長い時間いたと思うけれど、

いつも他の子たちとなんだかあったかい気持ちで。

オレンジ色の光が入ってくる頃に「帰るよー」と言われるまで安心して夢中でいたことを覚えている。

お客さんが頭にパーマのロッドや、

お釜のようなドライヤーを乗せて

不思議なことになっているのも

なんだか見慣れていた。

そして、終えてきれいになった女性が、

ピカピカになって出ていくのを、

なんだかドキドキして見ていた。

.

そして今。母の美容室のある実家。

今日はオイルトリートメントを終えて、2階で母からの頼まれ作業をしている。

1階の美容室からたちのぼってきた

コーヒーと美容室の香りとともに

その頃に舞い戻ってしまった。

〜今日のナチュラルケア〜

マッサージの仕事をするようになってから5年。

職業病で疲れと痛みでいっぱいだった母をなんとかしたくて必死だった。

最近は、母は元気になり、

母らしく優しく、よく笑うようになった。

おだやかで、あったかくて、

小さな頃の母を思い出した。

そして、気づけば助けてもらっている。

助けようとするのをやめたら、助けてもらっていることに気づいた。

母というのは、いつも子を世話したいと思ってくれているんだな。

今日は母と、夫の母とヨガをしよう。

ヨガニドラで寝るだけで休んでもらおう。

ヨガもマッサージも、

体を楽にする。心を楽にする。

眉間のシワもなくなり、鼻歌もでてくる♪

OTHER SNAPS